2019年5月20日月曜日




  21歳の青年が、そのワインを習近平氏に供するまで。


    2015 コート・ロティ
      シャトー・ド・モンリス        ¥8800(税込)

      (赤/フルボディ/ドメーヌ・クリストフ・セマスカ直詰
                    /コート・デュ・ローヌ/仏)


    シャトー・ド・モンリスは、フランス革命の頃から第一次大戦時まで、
   120余年に亘り、銘酒の評判をほしいままにしてきた畑。しかし戦争とフィ
   ロキセラ(害虫)禍により、70年間荒廃していた。その再建を、何と当時
   “素人”の21歳の青年が引き受け、生涯を通じて奮闘努力し、とうとう仏政府
    が国賓をもてなすのに用いるまでになった。習近平氏もその香味をご存じだ。
 
    その名も、焼かれた(ロティ)丘。並走する2つの河岸丘、含有成分により
   色調の異なるそれらは、ローヌの太陽によって『コート・ブロンド(金髪)』、
   『コート・ブリュヌ(褐色髪)』として比肩される、有名産地となった。
   シャトー・ド・モンリス 8ha は『ブリュヌ』の一角にあり、粘土石灰、シス
           ト、雲母が混在し、希有の資質を持つシラーを育んだ。

    クリストフ・セマスカ氏は、当初は 1ha 余りだけを対象に“週末農業”を重ね、
   独学により栽培醸造学を会得していったそうな。88年に事業を立ち上げ、2000
   年に初めてワイン商の目にとまり、その後は当のワインの品質があらゆる可能
   性と名誉を現実のものとした。

    黒いベリィやスミレの花、スパイス香。ソフトだが素晴らしく緊密で、重厚
   だが生気に富んでいる。一見背反する要素が局面に応じて次々に新しい顔を見
   せてくれる、その醍醐味たるや。
    シラーやローヌのイメージにつきまとい勝ちな荒々しさは、本品とは無縁。
                                        




      醸造コンサルタントが叶えた夢。
 目指すボルドーを、自らの畑から産み出すこと。

    2014 シャトー・ラリヴォー   ¥3140(税込)

       (赤/フルボディ/シャトー直詰/
             カノン・フロンサック/ボルドー/仏)

    20軒にも及ぶボルドーの蔵のワイン造りのコンサルタントに忙しかった
    ニコラ・ダブティックが、長年の夢を捨てず、借地小作契約により、わ
    ずか6haだが自分の畑を確保し、造り上げたのがこのワイン。

    ドルドーニュ河右岸、リブルネの街の下流側傾斜地、陽当たりの良いカ
    ノン・フロンサック。石灰質など多様な土質の入り組む畑のメルローを
    完熟させ、除梗せず破砕、マセラシオン。

    目の詰んだ、なめらかで艶やかな感触。酸、ミネラルがあるので、香味
    の目鼻立ちが明瞭。厚みもあり、しっとりした果実味はタンニンなどを
    蓄え、その一体感が官能的。

    ニコラ・ダブティックはブルゴーニュの出身だそうで、この畑を選んだ
    のも『ブルゴーニュに似ていたから』だという。このワインならではの
    魅力の秘密を明かされたような気がした。



    




      望外のネダンで堪能できる、エレガントな
   ピノ・ノワール。

 2015 サヴィニ・レ・ボーヌ レ・ゴラルド
    
                        ¥3720(税込)
      
       (赤/フルボディ/ジャスティン・ジラルダン
             /コート・ド・ボーヌ/ブルゴーニュ/仏)

      エレガントなあまりフェミニンでさえある風味は、コート・ドール
     の美しい一側面。高騰し続けるブルゴーニュにあって、この香味/ネ
     ダンは“コスパ”ワインの感の強い良品。
      底明るいルビーは透明感があり、ほのかな橙色さえ孕んでいる。完
     熟ベリィ豊かな果実味は幾分熟成が進み、ミネラルや細やかなタンニ
     ンも従え、フィネスに富む一体感あるもの。

      ジャスティン・ジラルダンは名高いジラルダン一族の一人だが、ヴァ
     ンサン・ジラルダンの引退を横目に、父ジャックを継いで奮闘している、
     1990年生まれの13代目。
      認証こそないものの、天然酵母を使用し、除草剤は用いないなど、よ
     り自然な造りを目指している。



        

2019年5月19日日曜日



  優しく、ウマみに富んだ『大男』。

2016  ドメーヌ・デュ・グラン・ジャケ
     キュヴェ・デ・グランゾム 
          在庫限り特価 ¥1980(税込)

     (赤/フルボディ/ドメーヌ直詰/ヴァントゥー/ローヌ/フランス)


   ローヌの東南の果てのAOC,ヴァントゥーからやってきた、この上なく優しい
  おおらかな『大男』。
   とてもソフトでふくよか、細やかなタンニンが心地よいアタック。厚くウマみ
   豊かな味わい。抜栓から時間が経つと共に味わいに透明感が生まれる。
   15haを所有する夫婦が《ビオディナミ》農法で取り組んだ力作。
   グルナッシュ40%、シラー40%、カリニャン20%。
   ラベルは、この地に伝わる『大男伝説』に因んだものという。





2016年7月14日木曜日

何と、海の底で発酵、熟成させたワイン。                     

 エギアテギア デナ・デラ 2014       ¥3080(込)

     (白/辛口/エギアテギア/ヴァン・ド・フランス/仏)

   
   『本当に海の幸に合うワイン』を求めて、何と!海の底で発酵させたワイン。
  コロンバール種、   ユニブラン種を地上で発酵させ、その一部を、特殊素材
  (水分はカット、ミネラル分は通す)のタンクに入れ、フレンチバスクの海底
  15mで第2次発酵。9ケ月後、地上の品とブレンドしてびん詰。
    得も言えぬ清涼感、ミネラル感は印象的。ほんのり塩味やヨードも感じさせる。
  もちろん葡萄本来の、柑橘類やピーチのアロマも帯びている。
   たちまち評判を呼び、既に20軒以上の、ミシュラン星付きレストランで採用
  されているという。